生活習慣病を防いで元気に長生き!~原因と対策~

生活習慣病とは生活の乱れによって引き起こされる病気の総称です。

高血圧・脂質異常症・糖尿病など、最悪の場合死に至る可能性がある病気もあります。

原因をきちんと理解したうえで、正しい対策・予防法を知っておきましょう。

1、食事

私たちの体は「食べたもので作られている」といっても過言ではありません。

いろんな栄養素をバランスよく摂取することが健康への近道となります。

しかし苦手な食べ物は避け、不健康なものばかり好んで食べている人は少なくありません。

少量であればほとんど害はありませんが、栄養価の低いものを食べる生活が続くと生活習慣病になる危険性が高まります。

まず、何を食べるにしても過剰摂取は絶対にやめましょう。

たとえ健康に良いとされている食材でも、食べ過ぎは体に大きな負担をかけてしまいます。

特に気を付けたいのが塩分の摂りすぎです。

これは高血圧に直結し、腎臓の機能低下や脳梗塞などの重篤な病気にも繋がりやすいです。

和食は一見ヘルシーな食事に思えますが、味噌や醤油などの塩分含有量が多い調味料が使われているので注意が必要です。

塩分は一日5グラム未満に抑えるのが理想ではありますが、難しい場合は最低でも8グラム未満になるように意識して食事をしましょう。

また、糖質の摂りすぎも大きな問題です。

甘いものは食べ始めるとついつい止まらなくなりがちですが、糖尿病のリスクを高めてしまいます。

糖尿病は今の医学では治せない、一度なってしまうと一生付き合っていく必要がある恐ろしい病気です。

食事制限はもちろんのこと、症状が重い場合は定期的な人工透析をしなければならなくなります。

後から後悔しても遅いので、今のうちから自分の糖質管理を始めましょう。

過剰摂取も良くありませんが、必要な栄養素の不足も問題です。

たとえば野菜にはビタミン・ミネラル・鉄分・食物繊維といった栄養素がたくさん含まれています。

ビタミンには老化を防いだり免疫力を上げたりする効果があります。

ミネラルには血圧が上昇するのを抑えたり、心臓を正しく機能させたりする効果があります。

これらが不足することによって体の免疫力はどんどん下がっていき、病気にかかりやすい体になってしまいます。

なるべく毎食野菜を食べるようにしましょう。

また、ご飯やおかずの前に野菜を食べることによって血糖値の急激な上昇を避けることが出来ます。

糖尿病の予防に繋がるので、食事の際は食べ順にこだわってみることをお勧めします。

仕事が忙しくて料理をする余裕がない人はどうしても外食やスーパーの惣菜に頼りがちになってしまいますが、生活習慣病の予防のためには出来る限り自炊をした方が良いです。

栄養素のバランスを意識しながら健康的な食事に挑戦してみましょう。

食事以外に気を付けるべきなのがお酒と煙草です。

「酒は百薬の長」ということわざがありますが、体に良いのは適量のお酒を摂取した場合に限られます。

飲みすぎは様々な臓器に悪影響を与えます。

くれぐれもアルコールの量には注意し、飲みすぎは自制するようにしましょう。

煙草は血液がドロドロになり、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが高まります。

百害あって一利なしなので、喫煙している人はなるべく早くやめる努力をすることをお勧めします。

2、ストレス

過剰なストレスが原因で血圧が上昇したり、血液の流れが悪くなることで栄養が体に行き渡りづらくなってしまいます。

また、ストレスは暴飲暴食を引き起こしやすくなるので危険です

常にリラックスしておくというのはなかなか難しいでしょうが、ゆっくり深呼吸をするだけでも気持ちが落ち着いて楽になれます。

自律神経を整えるために、起床後すぐ太陽を浴びるというのもオススメです。

忙しい日常の中にも一息つける時間を作るよう意識してみて下さい。

3、睡眠

健康を目指すうえで外せないのが適切な睡眠です。

睡眠の適正時間は人によって違うので一概には言えませんが、だいたい7~8時間寝るのが理想だと言われています。

また、質の良い睡眠をとることも重要です。

寝る直前までテレビやスマホの画面を見ていたり、食事の直後に就寝したりするのは良くありません。

寝る3時間前までには食事を終わらせ、約30分前から徐々に部屋の明かりを暗くしていくのがベストです。

しっかりとした睡眠で体の抵抗力を高めて病気を防ぎましょう。

4、運動

運動不足になると全身の働きが低下し、体は衰えていきます。

肥満になりやすいので動脈硬化や糖尿病のリスクも出てきます。

これらの対策としては有酸素運動が効果的でしょう。

有酸素運動とはウォーキングやジョギングなどの比較的に負荷が小さく、体に負担をかけずに行えるものです。

時間は30分程度で構いません。

とにかく継続して行うことが大事です。

毎日、それが無理なら最低でも1週間に2日は意識して運動するよう心がけましょう。

上記の事に気をつけていれば生活習慣病は防げる可能性が高いです。

少しでも長く元気でいるために、自分の生活を見直してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする