青汁には食物繊維がたっぷり!~水溶性と不溶性の特徴~

体に良いとされる青汁には様々な栄養素が含まれています。

その中で今回注目するのは「食物繊維」です。

食物繊維とは主に植物性食物に含まれている、人間の消化酵素では消化されない成分のことをいいます。

これはビタミン・ミネラル・炭水化物・タンパク質・脂肪に続く第6の栄養素です。

私たちの体を健康に保つために欠かせない成分なのです。

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分けられます。

まず水溶性食物繊維ですが、これは名前を見れば分かるとおり水に溶ける性質を持っています。

こんにゃくに含まれているグルコマンナン、野菜やフルーツに含まれているペクチン、わかめやメカブなどの海草に含まれているアルギン酸が代表的な水溶性食物繊維です。

他にも納豆やなめたけなど、身近な食材が挙げられます。

ネバネバしたものを意識して食べることによって、自然と摂取できるようになるでしょう。

水溶性食物繊維は水を含みやすく、溶けると体の中で粘着性の物質に変化します。

この物質が腸の中を綺麗に掃除してくれるので便秘に効くといわれています。

不溶性よりも腸内細菌の分解が進みやすく、整腸作用が非常に高いです。

また、血糖値が一気に上がるのを抑える働きがあるため、糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクを下げてくれます。

次に不溶性食物繊維は水溶性の逆で、水には溶けません。

腸の動きを活発にする性質があるので、体の中に溜まった不要なものや摂りすぎた脂肪の排出を促進してくれます。

そのためデトックス効果が期待でき、ダイエットにも良いとされています。

不溶性食物繊維はキノコ類、穀物、切り干し大根、豆類、ナッツ、野菜などに沢山含まれています。

これらの食材は繊維が多い傾向にあるので、必然的に咀嚼回数が増えることになります。

それによって自然と満腹感を得やすくなるため食べ過ぎを防いでくれます。

また、アゴが鍛えられるので小顔効果もあり女子には特にオススメです。

しかし筋状であるという特徴が故に、多く摂取すると逆に便秘に繋がることもあります。

何にでもいえることですが、適度な量を心がけましょう。

どちらの食物繊維も体にとって必要なものなので、2種類をバランスよく摂取することが大事です。

近年、食の欧米化が進んだことによって動物性食物の摂取比率が上がりました。

更には若者や一人暮らしの社会人を中心に、野菜をほとんど食べない・インスタント食品やスナック菓子といった不健康な食品でお腹を満たしてしまう、といった食の乱れが深刻化しています。

そのせいで慢性的に食物繊維が不足している人がどんどん増えてしまっています。

日本で推奨されている目標摂取量は厚生労働省の発表によると17~20gほどです。

性別や年齢によって数値に違いがありますが、大体18gの摂取を意識すると良いでしょう。

しかし勉強や仕事で忙しい人が、いきなり野菜や海草類の摂取量を増やしたり、大きく生活スタイルを変えるのは難しいと思います。

そこでオススメしたいのが青汁です。

青汁には原材料として大麦若葉・ケール・明日葉が使われていることが多く、これらは全て食物繊維を含んでいる食材となります。

成分表を確認して、いろんな食材がバランスよく配合されているものを探しましょう。

また、食物繊維の不足を補う目的でトウモロコシから抽出された、「難消化性デキストリン」という成分が含まれている青汁を選ぶのも一つのポイントです。

毎日1~2杯飲むだけで、不足している食物繊維を手軽に補うことが出来ます。

青汁はスーパーやコンビニで買うことが出来ますし、通販で定期購入するのもオススメです。

一時的に飲むだけでは意味がないので、なるべく自分の口に合ったものを探し長期的に飲み続けられるようにしましょう。

健康な体で長生きするためにも、普段の生活に青汁を取り入れてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする