体の中から対策!肌荒れを直して美肌をゲットしよう

女性なら誰しも綺麗な肌を保ちたいと願うものです。

そのため肌荒れは大きな悩みの種になってしまいます。

洗顔や化粧水といったスキンケアも肌にとって大きな影響を与えるものですが、今回は体の中から肌質を改善するための説明をしたいと思います。

まず、肌にはターンオーバーという仕組みがあります。

皮膚の細胞はこのターンオーバーによって4週間かけて新しい細胞に生まれ変わり、古いものは剥がれ落ちます。

しかし生活習慣の乱れや適切な睡眠がとられないことによって生まれ変わりの周期が長くなり、肌トラブルが引き起こされてしまいます。

全身を健康な状態に保ち、新陳代謝を良くすることが美肌を作るうえで欠かせない条件となります。

肌が荒れるのは不健康なライフスタイルや病気が原因だと考えられます。

体調を崩すと、同時に肌にも問題が生じることがよくあります。

生活リズムをきちんと整え、肌に充分な休息を与えることが大切です。

また、ストレスも肌の調子を左右する要素となるので、出来るだけ精神的な疲労を溜めこまないように気を付ける必要があります。

睡眠はストレスを軽減させてくれるので、睡眠時間をしっかり確保することを意識しましょう。

他にも紫外線や空気の乾燥、タバコの煙など、外的要因も肌に悪影響を及ぼす要因となっているので避けなければなりません。

特に紫外線は肌荒れだけでなく、メラニン色素の沈着によってシミが出来る原因ともなるので日焼け止めを塗ったり日傘をさすといったUV対策が欠かせません。

また、女性ホルモンも肌と密接な関係を持っています。

女性ホルモンは分泌されることによって肌に弾力を与えたり、様々な刺激から肌を守ってくれる働きがあります。

しかしこれが不足し始めると肌は衰え、荒れやすくなったりシミやしわが出来やすくなってしまいます。

生活の乱れによってホルモンバランスも崩れてしまうので、規則正しい生活を送ることが何よりの対策となります。

美肌を語るうえで食事も外せないポイントとなります。

肌の新陳代謝を促進させてくれる栄養素を積極的に摂取することで肌のターンオーバーが正しく行われやすくなります。

特に、皮膚の生成を助けてくれるタンパク質や肌に張りや潤いを与えるビタミンなどを意識して摂ることが大事です。

皮膚細胞を構成する要素であるコラーゲンも、スキンケアによる表面的な補充だけでなく食事で中から補っていくようにしましょう。

具体的にオススメしたい食材は下記のとおりです。

タンパク質:鶏肉、きな粉、納豆
ビタミンA:レバー、ほうれん草、人参、カボチャ、青梗菜、ニラ
ビタミンB:ナッツ、レバー、まぐろ、かつお、貝類
ビタミンC:ブロッコリー、パセリ、フルーツ全般
ビタミンE:モロヘイヤ、アボカド、うなぎ
亜鉛:牡蠣、ゴマ、タケノコ、豆類

基本的に美肌に必要な栄養素は野菜に多く含まれているので、食事の際には必ず野菜を一緒に食べるようにしましょう。

もちろん、これだけを食べれば良いというわけではなく、全ての栄養素をバランスよく摂取するのが肌にとって何よりも大切なことです。

また、いくら体に良い食事であっても食べ過ぎは逆効果となり健康を損なう危険性があるので、適量を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする