アンチエイジングで健康的に若返る!

人間の体に備わっている抗酸化力は、年を重ねるとともに失われていきます。

抗酸化力の低下によって肌のハリが無くなり、さらには乾燥しやすくなってしまいます。

他にも、年をとると白髪が増えたりシミ・シワが出来たりといった老化現象が起きます。

しかしアンチエイジングによって老化を食い止める、老化のスピードを遅らせることが可能なのです。

1、抗酸化食品を食べる

金属と同様に、人間の体の中も時間の経過とともに酸化していくと考えられています。

この酸化を食い止めてくれるのが抗酸化食品です。

抗酸化物質が含まれているのは、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・カテキン・イソフラボン・リグナン・リコピンです。

これらの栄養素が多く含まれている食品は、玄米・大豆・緑茶・ごま・赤ワイン・ココア・トマト・人参・オレンジ・パイナップルなどが挙げられます。

また、ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンCは緑黄色野菜と淡色野菜に含まれているため、アンチエイジングを目指すなら野菜が欠かせない存在となります。

どれか一つだけを過剰摂取するのではなく、いろんな栄養素をバランスよく取り入れるようにしましょう。

2、運動をする

運動はアンチエイジングのために必要不可欠なものです。

年をとると筋肉量がどんどん減っていき、それによって基礎代謝も落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちるということは消費カロリーが減ることになるので、結果的に脂肪の増加に繋がります。

肥満は糖尿病や高血圧など様々な生活習慣病を引き起こす原因となります。

つまり運動不足は老化を進めるだけでなく健康にも大きな害を及ぼす可能性があるのです。

運動と言っても、いきなり激しいものをやる必要はありません。

まずはウォーキングなどの有酸素運動から始めて徐々に体を慣らしていくのが良いと思います。

運動の前後はストレッチで準備をし、きちんと水分補給をしながら行いましょう。

運動を習慣づけると、血管が若返る・筋肉量が増加する・心肺機能が丈夫になる・血圧の上昇を抑えられる・血糖値が下がることによって糖尿病の予防になる・便秘が解消される・ストレスが減る、といった嬉しい効果が期待できます。

ただし、高血圧の人やすでに糖尿病を患っている人、体調を崩しやすい人などは注意が必要です。

出来れば病院に行って、医師に運動しても大丈夫な状態かどうか相談した方が良いです。

とにかく無理のない範囲で運動するように気をつけましょう。

3、睡眠をしっかりとる

高齢になると不眠に悩まされる人が多くなります。

睡眠不足は疲労の回復を妨げるだけでなく、ホルモンバランスの乱れにも繋がります。

規則正しい生活を心がけ、体内時計を正しい状態に保つようにしましょう。

また、質の良い睡眠のためには晩御飯は寝る数時間前には終わらせ、寝る直前にお風呂にゆっくり浸かるのが効果的です。

また、もし不眠が改善されなかったとしても、あまり気にしすぎないことが大事です。

ストレスは自律神経を狂わせるので、どうしても寝られないときは諦めて本を読んだり音楽を聴いてリラックスしてください。

アンチエイジングのためにはまず、普段の生活を見直すことからスタートしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする